スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

何と戦う?Tシャツ

何と戦う?

ストレス社会の現代人は、見えない敵がいっぱい。
敵を見定めようと、ライフルの照準器ばかり除いていたら、
背後からの一撃を食らうかも。

きみはなにとたたかってんの?




何と戦う?Tシャツ(表)
何と戦う?t
購入ボタン
プリントは表のみとなります。
価格:¥2730
送料:¥315(3点以上のご購入で無料となります)
スポンサーサイト

武士VSガンマンTシャツ

武士VSガンマンTシャツです。

1853年に、浦賀沖に黒船が来航した。
アヘン戦争に敗れた中国が、西洋列強の植民地になっていたころだ。

日本は、アメリカからの要請により、1859年に開国に踏み切る。
しかし、アジア各国のように西洋列強の植民地となることはついになかった。

それはなぜだろうか?
そこには、三つの要因がある。
①当時の航海技術では、日本に大量の兵力や軍事物資の運送は困難だった
②1860年代はアメリカの南北戦争、ドイツ統一戦争、イタリア独立戦争などで西洋の政治が不安定だった
③欧米人は、日本全国にいる侍とのゲリラ戦をしたくなかった

侍の存在は、世界においても異質である。
生きることに対する真剣さ、死ぬことへの覚悟、主人への忠義。
その精神性のかけらでも、僕たちは持っているだろうか。




武士VSガンマンTシャツ(表)
ガンマンVS武士t


購入はこちらからどうぞ!


武士VSガンマンTシャツ(裏)
ガンマンVS武士t裏
購入はこちらからどうぞ!






価格:¥2835
送料:¥315(3点以上のご購入で無料になります)

Tシャツ日和について

このたび、

オリジナルTシャツショップ「Tシャツ日和」

をオープンいたしました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。